/

箱根ロープウェイ、21日から一部運転再開

箱根山の火山活動が活発化していることに伴い全線運休している箱根ロープウェイ(神奈川県小田原市)は19日、姥子~桃源台駅の区間に限って21日から運転を再開すると発表した。神奈川県箱根町が火口周辺の立ち入り規制基準を一部緩和し、警戒区域外にあたる同区間での運行再開を許可した。

大涌谷にはアクセスできない(箱根ロープウェイ)

警戒区域内にあたる姥子~早雲山の区間は引き続き運転を見合わせるため、区間中にある観光名所の大涌谷には立ち入りできない。同町は「人命最優先の下での一部見直し」として安全確保は問題ないとしている。

また、同町は大涌谷の名物である「黒たまご」の製造のため、製造業者が火口に近くの自然研究路に立ち入ることも許可した。警戒区域外で観光客らに提供される見通しだという。

同町の山口昇士町長は「安全と安心を第一に取り組んでいきたい」とコメントした。

箱根山は気象庁が5月に噴火警戒レベルを1の「活火山であることに留意」から、2の「火口周辺規制」に引き上げて以降、火口周辺は立ち入り規制が続いている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン