若柳壽延、娘と10月「吉野雪」

関西タイムライン
コラム(地域)
2019/9/19 18:57
保存
共有
印刷
その他

東西名流舞踊鑑賞会に出演する若柳壽延(右)と娘の佑輝子

東西名流舞踊鑑賞会に出演する若柳壽延(右)と娘の佑輝子

10月12日に国立文楽劇場で開催する「東西名流舞踊鑑賞会」で、若柳流四世家元の若柳壽延(じゅえん)が娘の佑輝子と「吉野雪」を踊る。源義経と静御前の吉野山での別れを、桜満開の春ではなく、雪景色で描く珍しい作品だ。1982年に壽延のために創作した舞踊で、「若柳流らしい、しっとりとした踊り。雪の中の別れのつらさ、美しさを見てほしい」(壽延)という。鑑賞会には井上八千代、山村友五郎らも出演する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]