静岡県信用保証協会、保証料率割り引く2制度 中小向け

2019/9/19 18:48
保存
共有
印刷
その他

静岡県信用保証協会は創立70周年を記念し、保証料率を割り引く保証制度を10月から期間限定で設ける。成長性のある中小・小規模事業者向けの低料率の保証制度もつくる。対象は運転資金や設備資金の証書貸付や手形貸付で、低金利環境でより中小・零細企業に融資しやすくする。

金融機関が力を入れる事業性評価を保証の制度にも反映できるよう新設するのが「事業性評価融資保証(パートナー)」だ。原則、融資をすでに受けている金融機関から事業内容や成長性を適正に評価されている中小・小規模事業者が対象。8000万円を限度に保証をつける。保証料率は年0.35~1.80%で、2021年3月末まで申し込める。

「しずおかみらい応援保証(みらい70)」は、保証料率が年0.25~1.15%と低いのが特徴。担保は不要で、1000万円を限度額として10年以内の期間で保証する。12月に同信用保証協会が70周年を迎えることを記念して、20年3月末まで申し込みを受け付ける。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]