[社説]FRBは政治に屈せず適切な政策運営を

トランプ政権
米中衝突
社説
2019/9/19 19:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米連邦準備理事会(FRB)が7月末に続き、政策金利を0.25%引き下げた。貿易戦争の激化などによる米経済の悪化を未然に防ぐため、追加利下げに踏み切ったのはやむを得まい。

トランプ米大統領は一層の利下げを迫っているが、米経済には堅調な部分も残る。FRBは政治の圧力に屈することなく、景気や物価の動向に応じて金融政策の方向を適切に判断すべきだ。

米国の景気拡大は戦後最長の10年を超え、個人消費や雇用は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]