サムスン、ぶれぬ日本重視 「日韓半導体連合」には暗雲

日経産業新聞
2019/9/20 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日韓の産業界が輸出管理の厳格化で揺れるなか、渦中の韓国サムスン電子による日本重視の調達姿勢は足元では変わっていない。半導体の先端開発を主導する同社にとって部材で先行する日本からの調達は必然で、日系企業も巨大顧客サムスンを手放す理由はない。ただ政治対立により日本依存リスクが表面化したことで、「日韓半導体連合」の先行きには不透明感も漂い始めている。

「実際に禁輸まで踏み込む可能性はあるのでしょうか」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]