キッセイ薬品、フェリング社発売の頻尿治療薬を販促

ヘルスケア
2019/9/19 19:30
保存
共有
印刷
その他

キッセイ薬品工業は19日、フェリング・ファーマ(東京・港)が頻尿治療薬「ミニリンメルトOD錠(25マイクログラム、50マイクログラム)」を20日に発売すると発表した。製造販売と流通はフェリングが担当し、キッセイ薬品は同社と共同で医療機関などへの販促活動を展開する。

キッセイ薬品とフェリングは、ミニリンメルトの販促活動の契約を6月に締結している。

ミニリンメルトは男性の夜間の多尿と頻尿への効果があるとされる。2012年にカナダで承認されてから、30カ国以上で承認されている。6月にフェリングが日本国内の製造販売承認を取得した。

キッセイ薬品は排尿治療薬「ユリーフ」や過活動ぼうこう治療薬「ベオーバ」など泌尿器領域に強みがある。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]