外貨建て保険、販売に新資格 生保協が銀行と協議 - 日本経済新聞
/

この記事は会員限定です

外貨建て保険、販売に新資格 生保協が銀行と協議

[有料会員限定]

生命保険協会は外貨建て保険の販売について、新たな資格制度を検討する。外貨建て保険は銀行窓口での販売増加に伴い、商品のリスクをきちんと説明していないといった苦情が増えている。新資格の創設で販売員のレベルを底上げし、苦情の削減につなげる狙いがある。資格取得で銀行側にコスト負担が生じるため、生保協は銀行と慎重に協議を進める。

一般の生命保険商品を販売するための募集人資格に上乗せする形で、外貨建て商品を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り373文字

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません