[FT]サウジ危機を操る難物3人の指導者

ギデオン・ラックマン
FT
FT commentators
2019/9/19 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界の地政学的リスクのリストを作っていたとしたら、数十年にわたり「サウジアラビアの石油施設への攻撃」という項目が必ず上位に入っていたはずだ。だが15日、とうとうそれが現実となった。

幸いなことに今日の世界は、1970年代に石油輸出国機構(OPEC)が石油の輸出を制限したことで世界経済が大混乱に陥った頃よりも、原油価格急騰に対する耐性が高くなっている。また、今回関係するサウジ、イラン、米国の3カ国…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

ギデオン・ラックマン

FT commentators

チーフ・フォーリン・アフェアーズ・コメンテーター

Gideon Rachman 英国生まれ。英BBCや英エコノミストなどを経て2006年FTに入社。同年、現在の外交関係の論評責任者に。2016年政治分野のジャーナリストとして英オーウェル賞を受賞。著書に「Easternization」(2016年)などがある。

    ソーシャルアカウント:

FT commentators

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]