豊田通商、アフリカでトヨタ販売店に太陽光発電、電力の「地産地消」でビジネス環境を向上

2019/9/19 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

豊田通商はアフリカで展開するトヨタ自動車の販売店で太陽光発電の活用を本格化させる。ケニアの店舗で今夏から導入を始めたほか今後、セネガルなどでも展開する予定だ。アフリカでは発電インフラの整備が十分ではなく、電力不足をいかに解消するかが課題となっている。電力の「地産地消」を進めて、電力の安定調達につなげるほか、環境負荷の低減を両立させていく方針だ。

豊通が運営するトヨタ車の販売店である「トヨタ・ケニ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]