主役奪うグーグル動画規格、スマホ・テレビ対応加速
動画コーデック主役交代(下)

エレクトロニクス
コラム(テクノロジー)
モバイル・5G
2019/11/1 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国際機関で標準化された映像符号化方式(動画コーデック)「H.265/HEVC」を押しのけ、米グーグルなどが主導する「AV1」が主役に立つ流れになる中、動画の受け側と送り側の双方で環境整備が加速し始めた。受け側に向けて、AV1で符号化(エンコード)された動画の復号(デコード)機能を搭載した視聴アプリや端末が続々と登場している。

【前回記事】アップルもグーグル動画規格採用、標準押しのけ主役へ

■AV1利

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]