プレーバック

フォローする

四剣士、殊勲の銀メダル 2012年ロンドン五輪

Tokyo2020
2019/9/19 18:00
保存
共有
印刷
その他

日本のフェンシング界は長らくフルーレが中心だった。最もメダルの可能性が高いとされた種目に強化費を集中投下し、2008年北京五輪で太田雄貴が銀メダルを獲得。そのエースを中心に"四剣士"が躍動したのが、12年ロンドン五輪だった。

ロンドン五輪の男子フルーレ団体で銀メダルを獲得した(左から)淡路、太田、三宅、千田

ロンドン五輪の男子フルーレ団体で銀メダルを獲得した(左から)淡路、太田、三宅、千田

太田、千田健太、三宅諒、淡路卓で臨んだ日本は初戦の準々決勝で中国、準決勝でドイツと格上を撃破し、世界ランキング1位だったイタリアとの決勝に進んだ。一進一退の攻防は逆転の芽を残して最終9ゲームへ。最後は太田が力尽きて39-45で敗れたが、王者を追い詰める殊勲の銀メダルだった。

日本協会は強化費を北京五輪の3倍となる1億8千万円に増額し、指定選手の対象を全種目に広げて「600日合宿」を敢行。その中で淡路や三宅が育った。

現在、太田は日本協会の会長として様々な改革に乗り出し、三宅は若きフルーレ陣を支える。今年は男子エペ団体でワールドカップ(W杯)初優勝を飾るなど、男女の他種目も着実に力をつけている。

プレーバックをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

プレーバック 一覧

フォローする
この活躍が評価され、萩原はWNBAに参加することになった=共同共同

 女子バスケットボールが五輪で初めて実施されたのは1976年モントリオール大会。それ以来の出場となった96年アトランタ大会で、女子日本代表は7位入賞を果たした。なかでも敗れはしたものの、準々決勝の米国 …続き (12/12)

女子棒高跳び決勝 4メートル95をクリアするイシンバエワ=共同共同

 己との戦いに挑んでは、高々と掲げられたバーの上を越え続けた。陸上女子棒高跳びのエレーナ・イシンバエワ(ロシア)は屋外、室内合わせ28回の世界記録を更新。2大会連続金メダルに輝いた五輪でのパフォーマン …続き (11/21)

アテネ五輪の男子ハンマー投げで繰り上がり優勝、授与された金メダルを手に笑顔の室伏。左は銀のイワン・チホン=共同共同

 日本が2004年アテネ五輪で獲得した金メダルは1964年東京五輪と並ぶ過去最多の16個。その最後は陸上男子ハンマー投げの室伏広治が締めくくったが、悲願の金メダルは帰国後に日本で受け取った。
 決勝の6 …続き (11/14)

ハイライト・スポーツ

[PR]