オリパラ考

フォローする

傑作MGC、継続あるのみ マラソンの魅力 存分に
編集委員 北川和徳

Tokyo2020
2019/9/20 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

久しぶりに筋書きのないスポーツの面白さを堪能した。東京五輪マラソン代表選考会として開催された15日のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)。男子の終盤、3選手によるデッドヒートは圧巻だった。

ペースメーカーに導かれて予定調和の結末に傾きがちの昨今のマラソンではまず見られない激闘。こんな走りができるなら東京五輪で日本のメダルも有力と感じたファンは少なくないだろう。

それは楽観的すぎる。確かに…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

オリパラ考 一覧

フォローする


 東京五輪のマラソンと競歩の開催地が約800キロメートル離れた札幌に変更された。東京の酷暑を心配した国際オリンピック委員会(IOC)が決定したもので、事前に東京都への相談はいっさいなかった。小池百合子 …続き (11/14)

 東京五輪のマラソンと競歩が札幌で開催されることが正式に決まった。レース当日に札幌が確実に東京より涼しくなるとは限らないが、選手や観客、ボランティアの健康を考慮すれば条件は良くなった。だが、安全につい …続き (11/8)

 東京五輪のマラソンと競歩の開催地変更をめぐって、また「アスリートファースト(選手第一)」という言葉を頻繁に耳にするようになった。政治家やコメンテーターが軽々しく口にするたびに、信用できない人たちだと …続き (11/1)

ハイライト・スポーツ

[PR]