オリパラ考

フォローする

傑作MGC、継続あるのみ マラソンの魅力 存分に
編集委員 北川和徳

Tokyo2020
2019/9/20 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

久しぶりに筋書きのないスポーツの面白さを堪能した。東京五輪マラソン代表選考会として開催された15日のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)。男子の終盤、3選手によるデッドヒートは圧巻だった。

ペースメーカーに導かれて予定調和の結末に傾きがちの昨今のマラソンではまず見られない激闘。こんな走りができるなら東京五輪で日本のメダルも有力と感じたファンは少なくないだろう。

それは楽観的すぎる。確かに…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

オリパラ考 一覧

フォローする
非公認ながら、男子史上初の「2時間切り」を達成したエリウド・キプチョゲ=ロイターロイター

 世界のマラソン界が活況を呈している。12日にウィーンで行われた人類初の2時間の壁突破(サブ2)を目指す特別レースで、2時間1分39秒の世界記録を持つ男子のキプチョゲ(34、ケニア)が42.195キロ …続き (10/18)

今のラグビー日本代表には驚くほどの一体感と求心力を感じる

 ラグビーワールドカップ(W杯)で、にわかラグビーファンが急増している。恥ずかしながら、自分もその一人。学生時代は大好きで記者1年目はラグビー担当だったのに、1990年代半ば以降、仕事以外ではテレビ観 …続き (10/11)


 9月9日に千葉市付近に上陸した台風15号は、広範囲で停電を引き起こすなど大きな被害を出した。古来、台風が来たり強風が吹いたりする日とされる「二百十日」とは、9月1日前後を指す。来年は同時期に東京パラ …続き (10/10)

ハイライト・スポーツ

[PR]