/

この記事は会員限定です

傑作MGC、継続あるのみ マラソンの魅力 存分に

編集委員 北川和徳

[有料会員限定]

久しぶりに筋書きのないスポーツの面白さを堪能した。東京五輪マラソン代表選考会として開催された15日のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)。男子の終盤、3選手によるデッドヒートは圧巻だった。

ペースメーカーに導かれて予定調和の結末に傾きがちの昨今のマラソンではまず見られない激闘。こんな走りができるなら東京五輪で日本のメダルも有力と感じたファンは少なくないだろう。

それは楽観的すぎる。確かに4...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り705文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン