/

この記事は会員限定です

超省電力デバイス 脳が手本

ノイズ活用 新材料に応用探る

[有料会員限定]

IT(情報技術)機器が急速に普及し、消費電力の削減が急務になっている。東京大学の田畑仁教授らが注目するのは、ほとんどエネルギーを使わずに情報処理ができる生物の脳だ。脳は五感を通じて周囲のさまざまな情報を収集・処理するときに環境中の熱や雑音などの「ノイズ」を使いこなし、エネルギー消費を抑えているとされる。この仕組みを利用した超省電力デバイスの開発に取り組み、2030年ごろの実用化を狙っている。

人間...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1412文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン