浅い眠りで記憶忘却、仕組み解明 PTSD治療に道

科学&新技術
2019/9/20 3:00
保存
共有
印刷
その他

寝ている間にみた夢を起床後すぐに忘れてしまうことなどから、眠りの浅い時に記憶を消す神経の存在が予測されていた

寝ている間にみた夢を起床後すぐに忘れてしまうことなどから、眠りの浅い時に記憶を消す神経の存在が予測されていた

名古屋大学の山中章弘教授らの研究グループは眠りによって記憶を忘れる仕組みの一端をマウスの実験から解明した。浅い眠りの際に働く脳の特定の神経の活動が盛んだと、寝る前に見た物体を忘れやすくなる。心的外傷後ストレス障害(PTSD)の治療法の開発などに役立つという。

成果は19日付の米科学誌サイエンス(電子版)に掲載される。

記憶の定着や忘却は睡眠中に起きると考えられているが、詳しい仕組みは分かっていない。寝ている間にみた夢を起床後すぐに忘れてしまうことなどから、眠りの浅い時に記憶を消す神経の存在が予測されていた。

研究グループは脳にある視床下部から海馬に伸びる神経に注目した。この神経の働き方を調べると、海馬の神経の働きを抑えていた。海馬は日常生活や勉強などから得た新しい記憶などと関係することが知られている。

自由に動き回れるマウスの頭に微小な顕微鏡を付けて観察すると、この神経は眠りの浅い時に働いていた。その活動を抑えると、マウスは眠る前に見た物体をよく覚えているようになったという。神経の働きを活発にすると忘れやすくなることも確認した。

今後は神経の働きが活発になる詳しい仕組みを調べて、記憶の忘却の役割やメカニズムの解明を目指す。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]