ラグビー

「ラグビー人生かけて何か残す」 桜の戦士8強へ挑む

ラグビーW杯
(1/2ページ)
2019/9/19 17:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

前回大会の日本は南アフリカからの金星を含む3勝を挙げながらも、1次リーグで敗退した。今回は悲願の8強進出を目指すだけでなく、「日本の1億2000万人に影響を与えられればいい」とリーチ・マイケル主将は話す。目標は自国のファンに「メッセージ」を伝えることだ。

前回W杯の直前、田中史朗は妻に伝えた。「命懸けで戦うから、もし俺が死んだらいい人を見つけてな」。ラグビーの安全対策は昔より進んでいるが、激しい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

ラグビー 一覧

 日本ラグビー協会は13日、東京都内で理事会を開き、プロリーグ設立を検討する準備委員会の設置を決めた。清宮克幸副会長が委員長を務め、岩渕健輔専務理事ら協会理事とトップリーグ関係者で構成する。委員会では …続き (13日 21:55)

 日本ラグビー協会は13日、来年1月11日に行われる全国大学選手権決勝を、当初予定していた秩父宮ラグビー場から新国立競技場に変更すると発表した。2014年までは、旧国立競技場で決勝、準決勝が行われるの …続き (13日 21:23)

取材に応じる中村亮土(11日、東京都府中市)=共同

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で8強入りした日本代表のCTB中村亮土とフッカー北出卓也(ともにサントリー)が11日、東京都内で取材に応じ、全5試合に出場した中村は「(南アフリカに敗れ)悔し …続き (11日 17:19)

ハイライト・スポーツ

[PR]