子宮頸がん予防 空白6年
ワクチンめぐる議論を 編集委員 矢野寿彦

矢野 寿彦
2019/9/20 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

子宮頸(けい)がんの予防接種について、厚生労働省が8月末に公表した調査で4割超の人が「わからないことが多いため、決めかねている」と答えた。当然の結果だろう。法律で定期接種の対象になりながら、厚労省が積極的な接種勧奨を差し控えるようになって6年がたつ。一時的な措置だったにもかかわらず、曖昧な状態はしばらく解消されそうにない。

ワクチンには法律のもと市区町村が主体となって実施する定期接種と、希望者が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]