/

この記事は会員限定です

副業時代を考える(7) 「越境」が本業にもたらす効果

東洋大学准教授 川上淳之

[有料会員限定]

連載の初回(「判例と就業規則の矛盾」参照)で「働き方改革」において副業を促進する背景として、イノベーションを引き起こす効果を紹介しました。ここで期待されているのは、副業が本業の仕事に対して、新しいアイデアやビジネスの機会を与える効果であると考えられます。今回はより広い観点で、副業が本業のパフォーマンスを高める効果について、これまでの研究を紹介したいと思います。

前回紹介したパノスたちの研究は、副業を始めたことで本業の年収がどのように変わるのかを、英国の世帯調査データを使って検証しています。分析結果から、副業をしている人は本業で転職や開業をする傾向が見られ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り585文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

やさしい経済学

ニュースなどで注目される経済学の最新トレンドを、気鋭の学者や有識者がわかりやすく解説します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン