プロ野球

楽天、台湾の球団買収 20年参入、ブランド浸透狙う

東南アジア
2019/9/19 12:36
保存
共有
印刷
その他

楽天は19日、台湾のプロ野球の人気球団「ラミゴモンキーズ」を買収すると発表した。運営会社と全株式の取得に向けた基本合意書を締結した。楽天は2020年シーズンから台湾プロ野球リーグに参入する。楽天は台湾で電子商取引(EC)やクレジットカード事業を展開しており、球団買収を契機に現地でブランドの浸透を狙う。

台湾プロ野球への参入は、台湾プロ野球リーグの常務理事会の承認を経て正式決定する。新チーム名やユニホーム、ロゴなどは今後公表する。

ラミゴは身売りが取り沙汰されていた。一時は電子機器の受託製造サービス(EMS)世界最大手の鴻海(ホンハイ)精密工業の郭台銘(テリー・ゴウ)前董事長も買い手として浮上していた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 ヤクルトの高津臣吾新監督は15日、東京都内の球団事務所でスカウト会議に参加し、17日のドラフト会議で石川・星稜高の奥川恭伸投手を1位指名することを明らかにした。「投手事情を考えるとスワローズの弱点は …続き (15日 19:37)

 ロッテは15日、千葉市のZOZOマリンスタジアムでスカウト会議を開き、17日のドラフト会議で岩手・大船渡高の佐々木朗希投手を1位指名することを決めた。最速163キロの剛速球を武器にする高校生投手に、 …続き (15日 19:17)

 楽天は15日、今江年晶内野手(36)が今季限りで現役を引退すると発表した。18日に引退記者会見を行う。今江は来季の戦力構想から外れたが、現役続行を希望して他球団からのオファーを待っていた。楽天からコ …続き (15日 19:17)

ハイライト・スポーツ

[PR]