/

この記事は会員限定です

AEDを使う勇気、家族倒れたと想像して(風紋)

[有料会員限定]

「救急の日」の9月9日夜、グランフロント大阪(大阪市北区)のホールで、NPO法人「大阪ライフサポート協会」の救命講習会に参加した。胸骨圧迫(心臓マッサージ)、自動体外式除細動器(AED)による心肺蘇生法を学べる。

日に焼けたランナーの姿が目立つのは、大阪マラソンの参加者に受講を呼びかけているため。講師の看護師、藤川順子さんはこう語りかける。「万が一、ランナーが倒れたとき、一番早く助けられるのは近く...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り940文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン