ソロモン・台湾断交の衝撃 旧日本軍なぞる中国
Nikkei Views  本社コメンテーター 秋田浩之

秋田 浩之
本社コメンテーター
Nikkei Views
2019/9/19 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

南太平洋の要所にあるソロモン諸島が台湾と断交し、中国と国交を樹立する方向になった。南太平洋に進出する中国の動きはなぜか、太平洋戦争当時、旧日本軍がとった戦略に重なる。この点に目を凝らすと、南方に秘められた中国の意図が浮かび上がる。

ソロモン諸島を失うことにより、台湾が外交関係を持つ国は16カ国に減り、「生存空間」はさらにしぼむ。アジア太平洋でみると、台湾が外交関係を保っていた6カ国のうちソロモン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋田 浩之

本社コメンテーター

外交・安全保障

長年、外交・安全保障を取材してきた。東京を拠点とし、北京とワシントンの駐在経験も。北京では鄧小平氏死去、ワシントンではイラク戦争などに遭遇した。著書に「暗流 米中日外交三国志」「乱流 米中日安全保障三国志」。

    ソーシャルアカウント:

本社コメンテーター

電子版トップ



[PR]