/

この記事は会員限定です

ラグビーW杯 経済効果「4300億円」に期待 20日開幕

[有料会員限定]

4年ごとに開かれるラグビーワールドカップ(W杯)の日本大会が20日、東京スタジアム(東京都調布市)の日本対ロシア戦で開幕する。11月2日の決勝まで1カ月半にわたる大会には20チームが参加し、海外からも多くの観客が訪れる。大会組織委員会は経済効果を4300億円と見込んでおり、自治体や企業の期待は大きい。

組織委の御手洗冨士夫会長(キヤノン会長)は17日の記者会見で「大きな目標は48試合すべての会場が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り885文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン