/

自国開催のW杯、一体感カギ

(廣瀬俊朗)

日本は4年前より間違いなく力を付けている。過去の日本になかったキックを使った戦術が磨かれ、戦い方の幅は広がった。スーパーラグビーで世界の舞台を経験した選手も大幅に増えた。7月に強敵のフィジーと対戦。相手の得意な逆襲速攻を封じ、完勝したことも日本の進歩を示す。

廣瀬俊朗氏

もちろん課題も残る。8月のトンガ戦、9月の南アフリカ戦ではブレークダウン(タックル後のボール争奪戦)でボールを奪われたり、球出しを遅らされたりした。日本の速い攻撃を防ぐため、どの相手もここに重圧をかけてくる。W杯の焦点の一つになるだろう。

初の自国開催となる今回、カギはプレー以外にもあると考える。勝っている時は自国のファンの応援が後押しとなり、全てがうまく回るだろう。一方で負けた時には大きな重圧がかかる。中3日の試合があった4年前と違い、今回は1週間に1試合のペース。メンバーを大きく変える必要がないので、控え組が固定することもあり得る。

主力組との温度差が出かねない状況で一体感を保てるか。今回はジョセフHCら、スタッフのほとんどがW杯は初めて。リーチ主将らリーダー陣も試合だけで手いっぱいになるかもしれない。

チームを1つにするため、必要な言動をとれる人間がいるか。ここはベテランの田中史朗に期待している。今回は専門職のSHがメンバーに3人いる。4年前より田中の出番が減ったとしても、W杯2大会に出た経験を生かしてできることはたくさんある。

僕も前回大会では一試合も出られなかったが、「チームのために」というぶれない姿勢を周りに見せることが大事だと考えていた。ラグビーは試合の2日前にメンバーが発表される。出場できないことが決まった後も練習で手を抜かず、対戦相手の分析をして主力組を全力で支える。ベテランが率先してやることで、他の選手もついてきてくれるものだ。

重圧への対処では、自分達がコントロールできること、やるべきことだけに集中するというアプローチも大事。その意味で、1次リーグの対戦順は良かった。開幕戦のロシアは難しいことをしないチーム。日本がやるべきことをやれば勝てる。相手の強みであるブレークダウンとキックにうまく対応し、得意な速いテンポの試合運びに持ち込めれば、続くアイルランド戦に向けていい流れをつくれるだろう。

開幕を前に、様々な日本のもてなしが世界的なニュースになっている。北九州市でのウェールズの練習には1万5000人が訪れ、国歌の大合唱で歓迎した。海外の人が日本を再訪したいと感じ、日本人が海外の人との共同作業を普通に思えるようになることが、大会の一つの成功だと考えている。海外出身者と日本人が一体になって戦う日本の活躍も、その絶好の追い風になるだろう。

(元日本代表主将)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン