サッカー

鹿島、ACL連覇ならず 後半攻勢も時遅し

2019/9/18 23:22
保存
共有
印刷
その他

「責任を感じる」。連覇の望みを断たれた鹿島の大岩監督の顔に悔恨の色がある。広州恒大が軸足を後ろに移した後半はボールを支配した。「評価できる試合内容だった」という後半の攻勢を、もっと早くに仕掛けていれば。監督の胸を焼いたのは、そういう悔いではなかったか。

広州恒大戦の前半、先制ゴールを許す鹿島・GK権純泰(中央)=共同

4日前のFC東京戦でMF三竿、白崎という主力2人を負傷で失った。つぶして拾ってつなぐ三竿の穴埋めに右SBの永木を回したが、かえって穴の大きさが明らかになるばかり。ボランチが相手とボールを後追いする試合が、はかばかしい形勢になるものではない。

左でタメをつくれる白崎の欠場も、チームを萎縮させたようだった。機動力のある左SB小池に代わって高さのある町田が先発し、最終ラインの装甲を厚くした。引き換えに攻めはロングボール頼みになり、その町田も前半終了間際の相手CKで競り負けてアウェーゴールを決められた。

51分、セルジーニョが同点ゴール。レオシルバが最後に放ったシュートもGKの手が届かない軌道を描いたが、ゴール寸前で帰陣したDFの足に阻まれた。「あの足がなければ次のラウンドに進めたね」とレオシルバ。ブラジル人たちの個人技が、閉ざされた前途に穴をあけそうな気配は確かにあった。

しかし最前線にいたはずの伊藤は72分の交代に至るまで、いかなる痕跡もとどめていない。幽霊のように気配を消すのがうまい選手だが、この夜はとんだ枯れ尾花。旬のFWを先発に送り出せなかったことも、つまずきの一因だったのだろう。(阿刀田寛)

保存
共有
印刷
その他

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 【広州=共同】サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は23日、広州でホームアンドアウェー方式の準決勝第2戦が行われ、2大会ぶり3度目の優勝を狙う浦和が広州恒大(中国)を1―0で破って2戦合 …続き (1:35)

鹿島―ホンダFCの後半、ヘディングで先制ゴールを決める鹿島・土居(23日、カシマ)=共同

 サッカーの天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)第8日は23日、カシマスタジアムなどで準々決勝4試合が行われ、鹿島、神戸、清水のJ1勢とJ2の長崎が勝ち上がった …続き (23日 21:56)

 日本サッカー協会は23日、U―19(19歳以下)アジア選手権予選(11月・ベトナム)に臨むU―18日本代表23人を発表し、MF松岡(鳥栖)やGK小久保(ベンフィカ)、FW染野(福島・尚志高)らが選出 …続き (23日 17:38)

ハイライト・スポーツ

[PR]