サッカー

鹿島、ACL連覇ならず 後半攻勢も時遅し

2019/9/18 23:22
保存
共有
印刷
その他

「責任を感じる」。連覇の望みを断たれた鹿島の大岩監督の顔に悔恨の色がある。広州恒大が軸足を後ろに移した後半はボールを支配した。「評価できる試合内容だった」という後半の攻勢を、もっと早くに仕掛けていれば。監督の胸を焼いたのは、そういう悔いではなかったか。

広州恒大戦の前半、先制ゴールを許す鹿島・GK権純泰(中央)=共同

4日前のFC東京戦でMF三竿、白崎という主力2人を負傷で失った。つぶして拾ってつなぐ三竿の穴埋めに右SBの永木を回したが、かえって穴の大きさが明らかになるばかり。ボランチが相手とボールを後追いする試合が、はかばかしい形勢になるものではない。

左でタメをつくれる白崎の欠場も、チームを萎縮させたようだった。機動力のある左SB小池に代わって高さのある町田が先発し、最終ラインの装甲を厚くした。引き換えに攻めはロングボール頼みになり、その町田も前半終了間際の相手CKで競り負けてアウェーゴールを決められた。

51分、セルジーニョが同点ゴール。レオシルバが最後に放ったシュートもGKの手が届かない軌道を描いたが、ゴール寸前で帰陣したDFの足に阻まれた。「あの足がなければ次のラウンドに進めたね」とレオシルバ。ブラジル人たちの個人技が、閉ざされた前途に穴をあけそうな気配は確かにあった。

しかし最前線にいたはずの伊藤は72分の交代に至るまで、いかなる痕跡もとどめていない。幽霊のように気配を消すのがうまい選手だが、この夜はとんだ枯れ尾花。旬のFWを先発に送り出せなかったことも、つまずきの一因だったのだろう。(阿刀田寛)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

YBCルヴァン・カップの鳥栖戦前半、ヘディングシュートを止められ苦笑いするサッカーJ1横浜FCの三浦知良(左)。大会最年長出場記録を更新した(5日、佐賀県鳥栖市の駅前不動産スタジアム)=共同

 Jリーグ・YBCルヴァン・カップ1次リーグ第2節(5日・三協フロンテア柏スタジアムほか=7試合)新型コロナウイルスの影響による中断が明け約半年ぶりに実施され、D組は柏が湘南を1―0で下して2連勝の勝 …続き (5日 21:59)

 J2東京Vは5日、MF藤本寛也(21)がポルトガル1部リーグのジル・ビセンテに来年5月末までの期限付きで移籍すると発表した。8日の琉球戦が東京Vでの最終戦となる。
 山梨県出身の藤本は下部組織から20 …続き (5日 17:58)

 サッカーJ1横浜FCの元日本代表FWで53歳の三浦知良が5日、佐賀県鳥栖市の駅前不動産スタジアムで行われるYBCルヴァン・カップの鳥栖戦で先発メンバー入りした。
 今季の公式戦で初めてピッチに立つこと …続き (5日 17:33)

ハイライト・スポーツ

[PR]