ラグビー

ラグビーW杯効果「4300億円」 飲んで遊んで消費期待

ラグビーW杯
2019/9/18 22:35
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

4年ごとに開かれるラグビーワールドカップ(W杯)の日本大会が20日、東京スタジアム(東京都調布市)の日本対ロシア戦で開幕する。11月2日の決勝まで1カ月半にわたる大会には20チームが参加し、海外からも多くの観客が訪れる。大会組織委員会は経済効果を4300億円と見込んでおり、自治体や企業の期待は大きい。

組織委の御手洗冨士夫会長(キヤノン会長)は17日の記者会見で「大きな目標は48試合すべての会場…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

ラグビー 一覧

後半、突進するウェールズのL・ウィリアムズ

 この日のハイライトは、スタジアムを埋めた両国サポーターには「デジャブ」の光景だった。
 後半残り10分を切り、6点を追うウェールズが敵陣深く攻め込みながらノックオン。ゴールラインを背にしたフランスのス …続き (0:36)

前半、攻め込む松島選手(20日、東京都調布市の東京スタジアム)

 リーチ・マイケル主将 幾つかチャンスはあったと思うが、残念ながら南アの方が勝って後ろ(後方)に戻されてしまった。(大会を通じて)素晴らしい経験ができた。日本はこれからますます強くなるだけだ。

 トンプ …続き (0:27)

後半、モールを押し込まれる日本代表

 チームの先頭に立って戦ってきたリーチ主将が右膝をつく。松島は両足を投げ出して座り込む。空っぽになるまで全てを出し切った、日本の終戦だった。
 2点差で折り返した大健闘の前半、既にダメージがあった。体を …続き (0:04)

ハイライト・スポーツ

[PR]