プロ野球

楽天、台湾プロ野球のラミゴを買収へ 現地報道

2019/9/18 22:23
保存
共有
印刷
その他

【台北=伊原健作】プロ野球の楽天を所有する楽天グループが、台湾プロ野球の人気球団ラミゴを買収することが18日、わかった。複数の台湾メディアが報じた。買収総額は11億円前後になる見通しだという。

台湾の中央通信などによると、楽天とラミゴの買収交渉は順調に進んでおり、19日にも双方の代表者が台北市内で記者会見するという。

ラミゴは身売りが取り沙汰されていた。一時は電子機器の受託製造サービス(EMS)世界最大手の鴻海(ホンハイ)精密工業の郭台銘(テリー・ゴウ)前董事長も買い手として浮上していた。

楽天は2008年から台湾で事業展開を本格化し、現在はネット通販や金融などを手がけている。3月に台湾のネット通販大手のPChomeオンラインと提携。今夏からは日本の「楽天市場」に出店する事業者の商品をPChomeのサイト上で販売している。

7月末に楽天は台湾での銀行業務の認可も取得した。台湾では野球は最も盛んなスポーツで、人気球団の買収で知名度や信用力を高める。

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

1位指名を受け、駆けつけた広島・佐々岡新監督(左)とポーズをとる明治大の森下暢仁投手(17日、東京都千代田区)=共同

 プロ野球のドラフト会議が17日、東京都内で開かれ、アマチュア球界一の豪腕として注目された岩手・大船渡高の佐々木朗希投手は日本ハム、ロッテ、楽天、西武の4球団が1位指名で競合し、抽選の結果、ロッテが交 …続き (19:42)

ロッテがドラフト1位で交渉権を獲得した佐々木朗希=共同

 プロ野球のドラフト(新人選手選択)会議が17日、東京都内のホテルで開かれた。最速163キロで「令和の怪物」とも称される佐々木朗希(岩手・大船渡高)は西武、楽天、ロッテ、日本ハムの4球団が1位指名し、 …続き (17:28)

今夏の岩手大会で注目された大船渡の佐々木朗希投手=共同

 プロ野球のドラフト会議が17日、東京都内で開かれる。目玉は最速163キロで「令和の怪物」とも言われる佐々木朗希(岩手・大船渡高)と、今夏の甲子園で準優勝した奥川恭伸(石川・星稜高)の2人の高校生投手 …続き (16日 20:54)

ハイライト・スポーツ

[PR]