/

楽天、台湾プロ野球のラミゴを買収へ 現地報道

【台北=伊原健作】プロ野球の楽天を所有する楽天グループが、台湾プロ野球の人気球団ラミゴを買収することが18日、わかった。複数の台湾メディアが報じた。買収総額は11億円前後になる見通しだという。

台湾の中央通信などによると、楽天とラミゴの買収交渉は順調に進んでおり、19日にも双方の代表者が台北市内で記者会見するという。

ラミゴは身売りが取り沙汰されていた。一時は電子機器の受託製造サービス(EMS)世界最大手の鴻海(ホンハイ)精密工業の郭台銘(テリー・ゴウ)前董事長も買い手として浮上していた。

楽天は2008年から台湾で事業展開を本格化し、現在はネット通販や金融などを手がけている。3月に台湾のネット通販大手のPChomeオンラインと提携。今夏からは日本の「楽天市場」に出店する事業者の商品をPChomeのサイト上で販売している。

7月末に楽天は台湾での銀行業務の認可も取得した。台湾では野球は最も盛んなスポーツで、人気球団の買収で知名度や信用力を高める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン