シマダハウス、箱根に宿泊施設 温泉旅館をリノベ

2019/9/19 6:00
保存
共有
印刷
その他

賃貸住宅開発のシマダハウス(東京・渋谷)は、神奈川県箱根町に宿泊施設を開業すると発表した。老舗の温泉施設をリノベーションし、旅館やゲストハウスとして使用する。宿泊者が交流しやすいスペースを設けるなどして、訪日外国人や長期滞在客などの宿泊を見込んでいる。

底倉温泉にある温泉施設をリノベーション(神奈川県箱根町)

「そこくらの湯 つたや旅館」を11月26日に開業する。名湯とされる「箱根七湯」の1つである底倉温泉にある、温泉施設「蔦屋旅館」のブランドを引き継ぐ。広めの旅館タイプ6室とゲストハウス46室、露天風呂と内湯をそれぞれ2カ所ずつ設けるという。

館内はコタツや棚など日本らしい家具を用いて、ノスタルジックな施設に仕立てる。宿泊者が湯上がりなどで休憩できるラウンジスペースのほか、長期滞在客らを想定した自炊スペースやコインランドリーを設ける。

シマダハウスは7月にも、アサヒビールの研修施設をリノベーションしたホテル「葉山うみのホテル」も開業した。つたや旅館は8施設目の宿泊施設となり、ホテル事業の拡大につなげる。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]