富山第一銀、家計簿アプリと連携

2019/9/18 19:51
保存
共有
印刷
その他

富山第一銀行は家計簿アプリを手掛けるZaim(ザイム、東京・渋谷)と連携して顧客の家計管理を助けるサービスを拡充したと発表した。同社のオンライン家計簿アプリ「Zaim」で口座残高や支出状況を参照できる。同行で口座とキャッシュカードを持っていれば誰でも利用可能だ。

食費や日用雑貨といった項目ごとの支出状況をグラフで可視化したり、紙のレシートをスマートフォンのカメラで撮影することで品目と金額を読み取ったりすることもできる。「API(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)」という技術を使うことで、銀行システムの情報を外部から安全に取得する。

同行はマネーツリー(東京・港)とも提携し、資産管理アプリを提供している。一連の取り組みで利便性を高め、顧客獲得につなげる狙いだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]