/

この記事は会員限定です

三光合成、車部品の異物をAI検査 5割省力化へ

まず本社工場に導入

[有料会員限定]

三光合成は自社で製造したプラスチック成形品の異物を検査する工程に人工知能(AI)を導入する。従来より5割の省力化を見込み、浮いた人員は製造現場などに再配置するほか、部品の設計業務にあたらせる。電気自動車(EV)を中心にエンジンやモーターなどの動力機構が多様化しており、部品設計などの受注を増やす。AIと人の両輪で利益率を高める。

台湾のIT会社と共同開発したAI検査装置をこのほど富山県南砺市にある...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り875文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン