千葉被災地、物資確保にアマゾン「ほしい物リスト」
市原ぞうの国はSNSで拡散

2019/9/18 19:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

台風15号の復旧支援に、インターネットサービスやSNS(交流サイト)を活用する動きが進んでいる。千葉市など複数の自治体がネット通販の機能を使い救援物資を募り、観光施設では自ら必要な支援をSNS上で呼びかけた。自治体や施設のニーズを可視化し、個人からの支援につなぐ新たな支援の動きはさらに広がりそうだ。

千葉市は12日の午後6時すぎ、ネット通販大手アマゾンの通販機能「ほしい物リスト」を活用した寄付制…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]