ストリートピアノの設置を延長 埼玉の浦和美園駅

2019/9/18 19:09
保存
共有
印刷
その他

埼玉高速鉄道は浦和美園駅のコンコースで誰でも自由に弾ける「埼玉ふれあいピアノ」の設置期間を延長する。地域住民や利用客が音楽を楽しめる駅空間にしようと、6月末にピアノを置いた。当初は9月23日に撤去する予定だったが、地域住民らから「続けてほしい」との声が挙がり、延長を決めた。

マンガ「キャプテン翼」のイラストを描いたステンドグラスの前にピアノを設置している(浦和美園駅)

街中で誰でも弾けるストリートピアノは駅や空港内で広がっている。浦和美園駅では地域住民や駅利用客が弾いているほか、ネットを通じてピアノの設置を知った人が「演奏を目的に地域内外から駅に訪れている」(同社)という。駅内コンサートを楽しみに立ち寄る地域住民もいる。

撤去する予定だった9月23日には「さよならコンサート」を企画していたが、設置延長への感謝を込めて「ありがとうコンサート」に名前を変えて開催する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]