ハロウィーン「チャギントン」出発進行 岡山電気軌道

2019/9/18 19:05
保存
共有
印刷
その他

18日は地元の保育園児が試乗してゲームなどで楽しんだ(岡山市)

18日は地元の保育園児が試乗してゲームなどで楽しんだ(岡山市)

岡山電気軌道(岡山市)は18日、観光路面電車車両「おかでんチャギントン電車」の内装をハロウィーン仕様にして運行を始めた。車両をデザインした水戸岡鋭治氏が監修し、お化けカボチャのちょうちんやコウモリ、水戸岡氏オリジナルのイラストのパネルなどを施した。ハロウィーン当日の10月31日まで、一足早く車内でハロウィーン気分を味わってもらう。

【関連記事】 路面電車 軌道乗る 「人呼ぶインフラ」再評価

期間中は乗客に、同電車をあしらった顔に貼るフェースシールをプレゼントする。18日は仮装した市内の保育園児と保育士約30人が始発便の前に試乗し、ゲームなどのアトラクションで楽しんだ。ハロウィーン直前の10月26日夕には、仮装で乗車する臨時便を運行する。

おかでんチャギントン電車は3月16日から、事前予約制で運行を開始。半年が経過し、平均乗車率は岡山県外からの客を中心に7~8割で推移しているという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]