8月の訪日客、韓国は半減 全体でも11カ月ぶり減少

日韓対立
2019/9/18 18:29
保存
共有
印刷
その他

韓国人客が減った対馬の繁華街は閑散としている(9月1日)

韓国人客が減った対馬の繁華街は閑散としている(9月1日)

日本政府観光局(JNTO)が18日発表した8月の訪日外国人客数は、前年同月比2.2%減の252万100人だった。減少は2018年9月以来11カ月ぶりとなる。韓国からの訪日客数は48%減の30万8700人だった。東日本大震災の影響で旅行者が激減していた2011年5月以来の下げ幅となった。日韓関係悪化による旅行控えの広がりを裏付けた。

訪日客数が全体で前年同月を下回ったのは、昨年9月に台風による関西空港閉鎖や北海道地震の影響で5.3%減って以来。今回は中国からの訪日客が16.3%増の100万人超と好調だったものの、訪日客のおよそ4分の1を占めていた韓国客がほぼ半減したことが全体を押し下げた。

韓国からの訪日客が激減したのは、日本政府による韓国への輸出管理強化をきっかけに日韓関係が悪化したためだ。韓国客の減少は2カ月連続だが、8月の減少幅は7月の7.6%減と比べて急拡大した。団体旅行のキャンセルが相次ぎ、新規予約も減少している。航空便の運休を決める動きも相次いでおり、9月第1週の韓国から日本への航空便が前年同期と比べて1割強減った。

1~8月の累計でみた訪日客は全体で前年同期比3.9%増の2214万人と増勢を保っている。中国客に加えて東南アジアや欧米も好調なためだ。ただ韓国客の大幅な減少が今後も続けば、通年の訪日客数がマイナスに転じる可能性もある。20年に4千万人を掲げる政府目標も達成が厳しくなってくる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]