日本の研究力を損ねた「選択と集中」
科学記者の目 編集委員 滝順一

滝 順一
コラム(テクノロジー)
科学&新技術
2019/9/24 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本の大学の研究力低下が深刻だ。鈴鹿医療科学大学の豊田長康学長は詳細なデータ分析に基づき研究力低下の主因は、研究に費やせる時間の長さを勘案した「フルタイム換算の研究者数」であると指摘。研究者が思う存分研究に専念できる環境をつくることこそが世界との研究力競争に勝ち抜く道だと主張する。

――論文数の減少など日本の大学の研究力低下が指摘されます。どこに原因があるとみますか。

「大学の公的研究費が停滞し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]