AI開発、チップでも競う グーグルの動き呼び水に

2019/9/19 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)が8月に人工知能(AI)の情報処理に特化した半導体チップを実用化したと発表するなど、AIの開発競争はソフトウエアからハードウエアに広がっている。学習データの増大や計算モデルの複雑化が進み、高い計算能力の半導体がAIの性能を高めるのに不可欠だからだ。スマートフォンやセンサーなどの端末に組み込んで使うには、低消費電力や小型化も求められる。

近年のAI技術の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]