新潟県9月補正予算案、豚コレラ対策など19億円

2019/9/18 18:45
保存
共有
印刷
その他

新潟県は18日、一般会計の総額が19億5100万円の2019年度9月補正予算案を発表した。山形県沖を震源とする地震の復旧・復興のための必要経費のほか、豚コレラ対策の費用などを盛り込んだ。24日開会の県議会9月定例会に提出する。

補正後の一般会計予算は1兆2630億円となる。長野県で感染が確認されている豚コレラの対策では、養豚場の一斉消毒や感染した豚の殺処分に必要な機器を整備する。厳しい財政状況が続くなか、花角英世知事は「県民の安心・安全の確保に必要な経費を計上する」とした。一般財源ではなく、特定財源を活用する。

9月定例会で提出する主な議案についても公表した。知事を含む県幹部の給与削減に向けた条例制定案などを提出する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]