ロシアが超長距離ミサイル?爆発は「裸で飛ぶ原子炉」か
科学記者の目 編集委員 滝順一

滝 順一
2019/9/19 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ロシア北西部の白海にある軍の実験施設で8月8日に爆発事故が起きた。国営原子力企業の5人の従業員が亡くなり周辺の放射能レベルが一時的に上昇した。ロシア軍が開発中の「原子力巡航ミサイル」の発射実験の失敗だとの見方が出ている。原子力エネルギーを利用して飛行するミサイルとはどんなものなのか。

ロシアのプーチン大統領は2018年3月1日の年次教書演説で、複数の新たな核兵器運搬システムを開発中だと述べた。そ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]