/

この記事は会員限定です

受け取りは一時金が9割 税制メリットの見直し課題

まだ育つ確定拠出年金(中)

[有料会員限定]

確定拠出年金を老後への備えの柱とするには、人によって様々な老後の暮らしと、そこに至る過程に柔軟に対応できることが必要だ。お金の受け取り方を選びやすくすることもその一つだ。

確定拠出年金の受け取り方は、一度にまとめてもらう「一時金」と分割して受け取る「年金」、その「併用」の3つに分かれる。ところが実際は約9割の人は一時金での受け取りを選んでいる。

分割するほど金額が大きくないこともあるが、老後への選...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り636文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン