大塚食品、「頭のスポーツ飲料」 eスポーツ選手と開発

2019/9/18 16:19
保存
共有
印刷
その他

大塚食品はコンピューターゲームの対戦競技「eスポーツ」の選手や業界関係者と共同開発した飲料「e3 240ml 缶」を30日に発売する。カフェインに加え、消化吸収の早いブドウ糖と消化吸収に時間のかかる甘味料「パラチノース」の2種類の糖を配合。脳に対して即効性と持続性のあるエネルギーを求める選手らの声に応えた。糖の甘みと炭酸の刺激、ほどよい苦みを味わえる。

大塚食品が発売する「e3 240ミリリットル 缶」

大塚食品とスポンサー契約を結んだ東京大学卒のプロeスポーツ選手「ときど」さんがメインキャラクターとして宣伝活動をする。希望小売価格は税別185円。全国で販売する。30日に「アマゾン」で先行発売し、その後小売店などに販路を広げたい考え。

eスポーツは世界で人気が高まっている。オランダの調査会社ニューズーによると、19年の世界市場は約11億ドル(約1180億円)となる見通しで、22年には約18億ドルに拡大するという。大塚食品は「頭のスポーツ飲料」を新たなカテゴリーとして確立することを目指す。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]