にし阿波の花火「阿波おどりに次ぐ観光の目玉に」
災害時のインフラ検証なども実施 実行委に聞く

2019/9/18 18:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中四国地方で初の競技花火大会として10月5日、徳島県西部の吉野川河川敷で「にし阿波の花火」が開催される。有料席チケットは想定を大幅に超える売れ行き。実行委員会では「阿波おどりに次ぐ観光の目玉にしたい」と意気込む。実行委の沢田明宏委員長と蔭山勝利大会長に地域経済への波及効果を聞いた。

――ようやく開催のメドが立ちました。

蔭山 「徳島県美馬市、三好市、東みよし町、つるぎ町の2市2町で構成する西部地…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]