JR沼津駅高架化、土地の明け渡し求め裁決申請

2019/9/18 15:30
保存
共有
印刷
その他

JR沼津駅周辺の鉄道高架事業を巡り、静岡県と沼津市は18日、未買収用地の明け渡しを求める裁決申請を県収用委員会に申し立てた。土地収用法に基づくもので、8人の地権者が持つ約5300平方メートルが対象だ。県収用委は今後、現地調査や事業者・地権者の双方の意見を踏まえ、権利取得・明け渡し裁決をする。

申請書は区域の広さや地権者を記したもので、添付書類として2018年秋に実施した調査に基づいた土地調書や物件調書も提出した。

事業の必要性や公益性を認定する手続きはすでに終えているため、県収用委では土地の区域や損失補償の対象者、損失補償額や明け渡しの期限を決める。県収用委によると一般的に裁決までに半年以上かかるという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]