[FT]サウジ攻撃、トランプ氏のイラン軽視のツケ

中東・アフリカ
FT
2019/9/18 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

俺たちを傷つけたら、お前の友達を傷つけてやる――。米国が2015年のイラン核合意を破棄し、衰弱をもたらす制裁でイラン経済を麻痺(まひ)させ、「最大限の圧力」モードに入って以降、イランはこうした戦略をとっていた。

米国に報復することができない、あるいは、より可能性が高い理由として報復の結果におびえるなか、イランはペルシャ湾岸の米国の同盟国を攻撃し、サウジアラビアを主な標的に据えてきた。目的は、米国…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]