最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,492.68 +40.82
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
22,460 ±0

[PR]

主要金融ニュース

フォローする

世界の金融機関トップ、気候変動での役割提言

2019/9/18 20:00
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=伴百江】気候変動リスクに対する金融機関の役割を提言する「気候金融賢人イニシアチブ」(CFLI)は18日、地球規模で二酸化炭素(CO2)排出量の国際目標達成に向け、金融セクターができる取り組みを提言した。銀行、資産運用会社、年金基金などの機関投資家が行政と連携して資金調達市場の整備、投資先企業の情報開示拡充などに注力するよう求めた。

気候変動リスク軽減のためクリーンエネルギーへの投資拡大が求めらている=ロイター

提言には太陽光パネルなど環境関連の資産を担保にしたグリーン資産担保証券(ABS)を金融機関が発行し、機関投資家の資金を引き込むことを盛り込んだ。

世界では2018年に資金使途を環境配慮事業に絞ったグリーンボンド(環境債)など地球温暖化抑制に2600億ドルが投じられた。09年の10億ドルから大きく拡大したが、温暖化抑制には約3500億ドルまで拡大する必要があるという。

CFLIは米金融サービス会社ブルームバーグ創業者のマイケル・ブルームバーグ氏が国連のグテレス事務総長の要請を受け、今年初めに設立した。創立メンバーは世界の金融市場に影響力を持つ企業のトップ8人で構成する。

日本からは年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の最高投資責任者(CIO)水野弘道氏が入っている。水野氏は「我々の投資が温暖化抑制という目的に向かうようさらに積極的に対応する」と表明した。

CFLIの創設メンバーにはゴールドマン・サックスのデビッド・ソロモン最高経営責任者(CEO)のほか、英銀大手HSBC、仏保険大手アクサ、イタリア電力大手エネルのCEOなどが入っている。

主要金融ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム