AI使いサーモンの陸上養殖 NEC系が参入

2019/9/18 17:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

システム構築のNECネッツエスアイは、サーモンの陸上養殖事業に参入する。養殖専門企業の林養魚場(福島県西郷村)と共同出資会社を設立し、人工知能(AI)などITを活用した陸上養殖に取り組む。サーモンは輸入価格が10年で2倍以上に上昇するなど争奪戦の様相を呈している。事業が軌道に乗れば、サーモンの安定供給が期待できる。

山梨県内に陸上養殖の施設を建てた。施設にはあらゆるモノがネットにつながる「IoT…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]