トヨタ、米テキサス工場刷新 420億円投資

自動車・機械
2019/9/18 7:10
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=高橋そら】トヨタ自動車は17日、2021年までに米南部テキサス州の工場に対して3億9100万ドル(約420億円)を投資すると発表した。同工場ではピックアップトラックの「タンドラ」や「タコマ」を生産している。米国で大型車の需要が拡大する中、新たな生産設備を導入するなど工場の刷新を進める。

トヨタは米テキサス州の工場でピックアップトラック「タンドラ」や「タコマ」を生産している(写真は企業提供)

トヨタは17年から21年までの5年間で米国に約130億ドルを投資すると公表しており、今回の投資もその一環となる。

アイシン精機グループでAT(自動変速機)世界最大手のアイシン・エィ・ダブリュ(AW)も17日、米国に建設予定のAT工場について、建設地をテキサス州にすると発表した。23年までに最大約4億ドルを投資し、約900人を新規雇用する見通しだ。

テキサス州のアボット知事は同日、「両社が州に多くの雇用をもたらすことに感謝している」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]