/

この記事は会員限定です

WeWork上場延期、投資家との溝埋まらず

[有料会員限定]

【ニューヨーク=宮本岳則】シェアオフィス「ウィーワーク」運営の米ウィーカンパニーが新規株式公開(IPO)を延期する。事業モデルや企業統治への懸念が払拭できず、投資家からの評価が高まらなかった。IPO成功を条件とした銀行団との融資契約があり、会社側はなお年内上場に意欲を見せるが、実現に向けたハードルは高い。外部の筆頭株主、ソフトバンクグループの出方が焦点になりそうだ。

ウィーは9月中の上場に向けて、主幹事のJPモルガン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1342文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン