WeWork上場延期、投資家との溝埋まらず

2019/9/18 6:11
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューヨーク=宮本岳則】シェアオフィス「ウィーワーク」運営の米ウィーカンパニーが新規株式公開(IPO)を延期する。事業モデルや企業統治への懸念が払拭できず、投資家からの評価が高まらなかった。IPO成功を条件とした銀行団との融資契約があり、会社側はなお年内上場に意欲を見せるが、実現に向けたハードルは高い。外部の筆頭株主、ソフトバンクグループの出方が焦点になりそうだ。

ウィーは9月中の上場に向けて…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]