10/23 15:00更新 マーケット 記事ランキング

日経商品指数17種

(1970年平均=100)
10月23日 145.752 -0.074

[PR]

商品ニュース

サウジ・エネルギー相「原油供給、月内に攻撃前水準」

2019/9/18 4:02 (2019/9/18 4:50更新)
保存
共有
印刷
その他

【リヤド=岐部秀光】サウジアラビアのアブドルアジズ・エネルギー相は17日夜(日本時間18日未明)、サウジのジッダで記者会見し、何者かによる攻撃で大きな被害を受けた石油施設の状況について「9月末には日量1100万バレルの生産能力を回復する」と述べた。攻撃前の供給体制に早期に復帰するとの認識を示したものだ。

【関連記事】
NY原油、6%安で59ドルに サウジの生産回復見通しで
米国務長官、サウジ訪問へ 石油施設攻撃への対応協議
サウジの原油供給、備蓄で補完 主要国は500日分確保

攻撃によって国営石油会社サウジアラムコは、全体の生産量のおよそ60%に相当する日量570万バレルが停止に追い込まれたとしていた。

アブドルアジズ氏は生産能力が11月末に1200万バレルまで回復するとも述べた。一時的な生産停止は輸出に大きな影響を及ぼさなかったと指摘。備蓄からの引き出しや他の油田からの調達などにより、9月も顧客に契約分の石油を届けられると強調した。

攻撃をだれが実行したかについてはわからないと述べた。

同時に記者会見したアラムコのナセル最高経営責任者は「顧客の要求に応えるという点でわれわれは百パーセントの信頼を得てきた。それを守ることができた」と述べた。

また、アラムコのルマイヤン会長は、今回の攻撃によって停止説も浮上した同社の新規株式公開(IPO)について「12カ月以内に実現する」と述べた。

■緊迫中東情勢、識者の見方
サウジ攻撃「ミサイル防衛の隙つく」米国務省元軍事顧問
「サウジ、米依存の再検証も」英RUSIワトリング氏
「生産回復、楽観的過ぎる」米先物会社のフリン氏

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム